2013年02月20日

元日テレの西尾アナ“カトパン”の代役で仕事をもらう!?

西尾由佳理
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

各局から人気アナが続々と流出している昨今の女子アナ界で、ちょっとした話題が起きているようだ。その話題というのは、日テレの元人気アナである西尾由佳理(35)が、“カトパン”ことフジの加藤綾子アナの代役として昼の情報番組のキャスターに抜擢された件だという。


長年死守してきた視聴率三冠トップを日テレに奪われ、業績が下降気味と噂されるフジテレビ。中でも1%台という深夜放送なみの視聴率しか取れず、局内で大問題になっているのが、平日午後の情報番組「知りたがり!」だ。

元NHKの看板アナ・住吉美紀(39)を起用し、昨年4月から放送が始まったこの番組は、同時間帯の裏番組「情報ライブ ミヤネ屋」の牙城を崩すべく立ち上げられたのだが、フタを開けてみれば視聴率がまったく伸びず、放送開始から約6カ月で打ち切りが決定、局内でも問題視されていたと評判。

その問題番組がこの4月から大幅にリニューアルされるのだが、女性キャスターの座に日テレの元人気アナウンサー・西尾由佳理(35)が抜擢され大きな話題になった。

元日テレの西尾アナをキャスティングしたことで、「打倒日テレ!」というフジの並々ならぬ意欲を感じるところだが、キャスティングにはある裏事情が隠されているというのだ。

実は、西尾アナ起用の背景には、実は加藤綾子アナ(27)をめぐる激烈な局内抗争があったのだ。と同局の関係者が明かしたという。

フジテレビとしても、平日午後のあの枠には主婦や女性ウケのいい“カトパン”を座らせることが必要だと考えていた。ところが、同時期に日曜夜の情報番組『Mr.サンデー』でも、滝川クリステルの降板が決まってしまった。

司会の宮根は大のカトパン好きで、平日午後と日曜夜の情報番組枠でカトパンの争奪戦が勃発したようだ。

ところが、現在、日本一忙しい女子アナと言われる加藤アナは、平日早朝の情報番組「めざましテレビ」に出演しており、「めざまし」のスタッフが「絶対に加藤を手放さない!」と、加藤アナへのオファーを猛裂に拒否したそうだ。

視聴率も上々で実績もある「めざましテレビ」の強い反発が出たため、上層部も今回のカトパンの異動を見送ったというのがもっぱらの噂だという。

それではなぜ西尾アナに白羽の矢が立ったのか?
それは、フリーになって以降、西尾アナは関係者を通じてフジテレビの仕事をとろうと地道に売り込んでいたようで、その努力が思わぬ形で報われることになったというのが、この件の背景なのだという。

西尾アナはこのチャンスをどう生かすのか。4月からの番組に大きな注目が集まるのは間違いなさそうだ。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
峯岸みなみ、“丸坊主”での謝罪が与えた悪影響? ⇒ 芸能ランキング
posted by 芸能エンタンテ at 15:13| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。