2012年11月28日

5年ぶりに復活する華原朋美、復帰の裏には酒井法子の影響が!?

華原朋美写真集「crystallize」
もっと別の画像は ⇒ blogranking

2007年から事実上の引退状態だった華原朋美(38)が、5年ぶりに芸能界に復帰すると発表。一部では「このタイミングで何故?」という声も出ているようだが、その背景には酒井法子の復帰が影響しているという。いったいどういくことか?


23日深夜、契約を解除された前所属事務所の「プロダクション尾木」と12月1日付けで再契約を交わし、芸能界復帰を発表した歌手の華原朋美。

華原は直筆で「随分長い間反省し悩みました。今までお世話になった全ての方々に恩返しのつもりで精一杯頑張るつもりです」。「私には歌うことしか出来ません。最後のチャンスだとも思っています」とコメントした。

睡眠薬に薬物依存、度重なる仕事のキャンセルなどで散々迷惑をかけられた元の事務所も、「5年間必死に努力する彼女のひたむきな姿に胸を打たれた。もう一度だけチャンスを与えてあげたいと、何度も話し合いを重ねてきた結果、復帰を決めました」とコメント。

テレビで再び“朋ちゃんスマイル”を見ることができるのは嬉しいが、業界関係者の間では「なぜ今さら…?」と、彼女が芸能界に復帰するタイミングについて不自然さを指摘する声も多いという。

調べてみると、華原朋美がこのタイミングで芸能界へ復帰できた背景には、酒井法子(41)が執行猶予明け早々に復帰することが大きく関わっているという。

というのも、これまで頑なに華原の復帰を認めなかった「プロダクション尾木」の社長が、執行猶予明けのタイミングを図ったかのように芸能界復帰を発表する酒井を見て、「これじゃあ華原がかわいそうだ」と、華原への親心が芽生えたことで、“実現は不可能”とまで言われていた華原の復帰が実現したのだという。

関係者いわく、罪を犯した酒井が執行猶予明け早々に復帰するのに、犯罪をしたわけでもない華原が5年間も贖罪しているのは不公平だと感じ、復帰させることを許したようだ。

すでに復活のステージも整っているそうで、“朋ちゃんスマイル”を見ることができるのは、酒井の復帰舞台より早い12月5日。フジテレビの「FNS歌謡祭」で歌を披露することが決定済み。

女性週刊誌の取材では、かつての恋人であり自分をスターにしてくれた恩師でもある小室哲哉と共演する可能性も示唆しているらしく、大きな注目を集めることは間違いなさそうだ。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
K-POP勢が紅白選考から漏れた理由 ⇒ 芸能ランキング
posted by 芸能エンタンテ at 16:46| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。