2012年08月17日

山岸舞彩、“禁欲”の反動で夜の後遺症!?

山岸舞彩
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

NHKの五輪キャスターに抜擢されたフリーの山岸舞彩(25)。ミニスカ美脚を惜しげもなく披露することで人気の彼女だが、ロンドンでの“禁欲生活”が解け、その反動で“夜の後遺症”が出るのではないかと心配されているという。

長期間の“ロンドン禁欲生活”の反動が帰国後に出てしまい、「夜遊びされまくっては困る」という声が上がっているのだ。

山岸舞彩といえば、清楚なルックスながら、プライベートではお色気フェロモンをまき散らす“超肉食系女子”というのがもっぱらのウワサ。そんな彼女の自由奔放ぶりに、山岸の家族も、NHKスタッフも心配でたまらないという。

某局でスポーツに関わる仕事をしている彼女の兄は、スポーツ選手の“実態”をよく知っていて、妹に悪い虫がつく事を以前から心配していたようだ。しかし、そんな兄の助言も当の本人は全く聞く耳を持たない有様で、仕事の合間にケータイをいじって合コンの予定を確認してることもあるほど。

そんな肉食系ギャルが、ロンドン五輪の取材で1か月近くも仕事に専念していたため、帰国後に溜まりに溜まった欲求が爆発するに違いないと、彼女の下半身事情を心配する声が後を絶たないようなのだ。

事実、NHK局内では「フリーとはいえ、公共放送の番組に出演しているキャスターとしての自覚も持ってもらわないと困る」という声が日に日に高まっているとか。

そんな周囲の心配も、マイペースな山岸の耳には届かないと思うのだが…。彼女の下半身スキャンダルがスクープされるのも時間の問題かも。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
淳の竹島発言にツイート反響写真 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 16:38| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。