2012年07月23日

最新版!!「共演NGリスト」入りした人気女優と大物女優

週刊真木よう子 景色のキレイなトコに行こう [DVD]

もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

3カ月に一度更新されると言われる、芸能界の「共演NGリスト」。その最新版リストのトップに名前を連ねる2人の女優が、いま、テレビマンの間で話題の的になっているという。


テレビマンにとって無くてはならないとまで言われている「共演NGリスト」。昔付き合っていた恋人を寝取られた、プライベートで大ゲンカをした、果ては単に嫌いだからなどなど理由はさまざまだが、リストに掲載されている某女優同士をブッキングしようものなら、プロデューサーでもクビが飛ぶことが珍しくないのがこの業界。

そんな共演NGリストの中で、いま、最も仲が悪いとされる2人の女優が、常盤貴子(40)と真木よう子(29)だ。この2人がなぜ“犬猿の仲”なのか。それは、常盤の夫である舞台演出家の長塚圭史と、真木よう子に不倫疑惑が浮上しているからだ。

2人が親密な関係になったのは、長塚が演出した舞台『南部高速道路』で真木がヒロインを演じたことから。舞台の打ち上げの2次会の席で、泥酔した真木は終始長塚にじゃれつくように寄り添い、そのまま2人で消えてしまったという。

その決定的瞬間がフライデーされたものだから、常盤貴子が大激怒したのだった。常盤が激怒するのも無理はない。というのも、長塚は浮気の常習犯で、舞台で演出した女優にちょっかいを出すのはクセみたいなもの。気に入ると追いかけて口説いてしまうらしく、そもそも常盤貴子自身も、舞台をきっかけに口説かれた一人だったのだ。

彼のことを良く知る関係者によれば、以前も舞台で演出した永作博美や倉科カナなどを熱心に誘っていたことは有名で、その度に夫婦喧嘩になるそうだ。しかし、今回は常盤の怒りも尋常ではなく、『アイツ(真木)に文句を言いに行く』と周囲に漏らしていたそうで、怒りの治まらない常盤は、結局、荷物をまとめ実家に帰ってしまったという。

一方、長塚とのツーショット写真を撮られた真木も、夫婦仲は怪しいようだ。真木よう子は、4年ほど前に一般男性とデキ婚しており現在は一児の母。売れ始めた最近は、多忙な毎日で自宅に帰らないことも多く、その間、子供の面倒はすべて夫がみているそうで、ほとんど夫婦関係が破綻しているような状態というのがもっぱらの噂になっている。

そんな状態の2人がW不倫をしていたとあって、業界内では2人が顔を合わせることでもあれば、血の雨が降りかねないと肝を冷やしているとか…。

(参考元:週刊実話)【K】

<関連記事>
結婚秒読みの上戸彩が破局!? "奇行"と"ヤケ飲み姿"がスクープ ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 19:28| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。