2012年07月20日

AKB48景気で、キングレコードが儲けた額がハンパない!!

真夏のSounds good!【多売特典生写真無し】(Type A)(通常盤)

もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

ここ数年で一番の、レコード業界を震撼させる出来事が起きた。AKB48のCDを発売するキングレコードが、2012年3月期の決算を発表したのだが、その額がとんでもないことになっていると業界で話題沸騰なのだという。


AKB48人気の好景気でわくキングレコードがいったいいくら儲けたのか?
通常、レコード業界は「エイベックス」のような上場企業でなければ、利益額を発表しないことになっている。

もちろん、未上場のキングレコードも利益額を公表していないのだが、CDの売上げ額から推測しただけでも驚異的な数字になっているという。

レコード業界に詳しい人物によれば、ネットでの音楽配信が主流になった今、CDはほとんど売れなくなってしまっており、レコード会社各社は経営に四苦八苦しているそうなのだが、そんな中、キングレコードはAKB48の総選挙投票券や握手券をつける商法で、空前の大ヒットを連発している。

実際、いくらぐらい儲かったのかといえば、ざっと見積もっても社員一人あたりにつき、1億2600万円の売上げを計上した計算になるといわれ、そのうちの利益額を低く見積もっても、60億円〜90億円の利益を上げたことになるという。

キングレコードの社員は約250名。今年の夏はたんまりボーナスが出たに違いないと思うのだが、現実には喜べない社内事情があるようだ。

というのも、キングレコードは講談社が100%出資している企業。親会社を上回る額のボーナスを出すわけにはいかないらしく、出版不況に苦しむ講談社が子会社のキングの利益を吸い上げているのだとか。

AKB48人気が落ちてしまえばいつ赤字に転落してもおかしくないだけに、キングレコードとしても手放しで喜べる状況とはいえないようだ。

(参考元:週刊実話)【K】

<関連記事>
戸田恵梨香が実父の"失言"に激怒 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 13:41| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。