2012年06月21日

NYで荷造り中の長谷川豊、「テレビから消えても忘れないで」と図々しいコメント

長谷川豊 クビ
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

NYでの滞在関連費用を不正使用したことで、降格の懲戒処分となったフジテレビ長谷川豊アナ。騒動もいったん落ち着いた現在は、“島流し”先のNY支局で妻子とともに荷造り中だそうだが、そんな彼の自己PRコメントに注目が集まっているようだ。


ニューヨーク滞在関連費用の不正使用問題が発覚し、一躍「時の人」となってしまった長谷川豊アナ。滞在費の使いみちと金額は明らかにされていないものの、本人も不正使用を認めたことで、降格処分となり、事実上アナウンサーを“クビ”になったようだ。

フジテレビの広報部によれば、帰国日はまだ決まっておらず、整理があるためまだニューヨークに滞在しているそうで、妻子とともに荷造りをさいている最中だという。

今回の騒動を受け、すでにアナウンス部から人事局付けへと移動された長谷川アナ。帰国後の業務内容や配属先は決まっていないようだが、フジテレビのアナウンサー室公式サイトからは、長谷川豊の名前がキレイに削除されているため、アナウンサーとして復職する可能性はほぼゼロと見てよいだろう。

もっとも長谷川豊といえば、“おれ様”で“上から目線”な言動があり、過去の番組でも「発言があまりに差別的でひどすぎる」と非難された人物。もともと、アナウンサーとして人格的に問題があるのでは? ということが以前から指摘されていただけに、今回の件に同情している人はそれほど多くはないようだ。

そんな彼が新人社員の夏、スポーツ紙の“アナウンサー名鑑”内に自己PRで綴っていた内容が笑えると、ネット上で脚光を浴びているという。

それは、「3年後、テレビから消えていても忘れないでください」というものだったそうで、本人にとっては笑えない内容になっている。

長谷川豊は、内田恭子アナや大橋マキアナと同期の99年入社。13年後の自分を暗示していたかのようなコメントだが、少なくとも“汚名”を残すことは出来そうだ。

(参考元:女性自身)【S】

<関連記事>
"芸能界のドン"に背くとこうなる。人気バンドGLAYの酷すぎる顛末 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 15:07| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。