2012年05月31日

最高視聴率と最低ドラマのテーマソングを歌った斉藤和義の苦悩

斉藤和義 月光
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

今、歌手の斉藤和義が苦悩の日々を送っているようだ。その原因は最低視聴率≠叩き出したオダギリジョーが、彼の評価を天国から地獄へと変えられたからのようだ。


「歩いて帰ろう」など数多くのヒット曲を生み出してきた歌手の斉藤和義。昨年12月に放送された大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(日テレ系)は、最終回の視聴率が40%超え。ドラマの主題歌『やさしくなりたい』は、100万ダウンロードを突破、CDも10万枚以上のセールスを記録し、斉藤和義のアーティストとしての株もかなり上がったという。

ところが、斉藤が『ミタ』の次に担当したのが、最低の視聴率を叩き出して打ち切りが決定したドラマ『家族のうた』(フジ系)だった。

ギリギリ3%に届くレベルの視聴率に、単独スポンサーの花王は激怒。フジテレビは8回での打ち切りを決め、残り2回分を松下奈緒のドラマ『早海さんと呼ばれて』で穴埋めすることになった。

主演のオダギリジョーは「低視聴率男」のレッテルが貼られ、ドラマの主題歌『月光』のセールスにも影響を来たしているという。

『ミタ』の主題歌がヒットしたこともあり、2月におこなわれた斉藤の武道館ライブは満員の大成功。しかし、そのライブを収録したDVD『45 STONES』は、オダギリ主演の『家族のうた』が打ち切られた6月末に発売されるため、発売元のビクターは発売日の変更を検討しているようだ。

斉藤和義本人は、積極的に音楽番組に出演し『月光』のプロモーションに必死だが、内心は“オダギリ”への恨みを募らせているとか。

そもそも打ち切りの原因がすべてオダギリにあるわけではないはずだが…。

(参考元:週刊実話)【S】

<関連記事>
園山真希絵、冨永愛に「友達じゃない」と完全否定 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 12:10| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。