2012年04月25日

アンタ柴田が山崎とコンビを復活できない本当の理由

柴田英嗣 ラジオ
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

1年間の長期休養から芸能界に復帰した、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣 (36)。先日、ラジオの生放送で長期休養した原因を暴露したが、相方・山崎弘也(36)とのコンビ復活しないのには“ある理由”があるようだ。


4月7日に放送された『エンタの神様SP』に、出演者として名前を連ねていたお笑いコンビ「アンタッチャブル」。長期休養していた柴田が芸能界に本格復帰したことで、「いよいよアンタ復活か!」と期待されていた。しかし、放送された内容はアンタの過去の出演VTRを流しただけだった。

「関係者の間でもアンタ復活に期待していた人が多かったのに、なんでポシャったんだろうね」とはある芸能プロ幹部。

柴田は昨年1月に「炎の体育会TV」(TBS系)でテレビに復帰。当時は山崎とのコンビ復活も間近とみられていたのだが、今年になってもテレビ共演は一切ナシ。柴田はTBSラジオの帯番組を持ったもののそこでの共演も実現していない。

業界では柴田と山崎の不仲説も噂されており、「度重なる柴田の勝手ぶりに、山崎が『またかよ!』とブチ切れたという話も流れている。もっとも、プライベートな理由で一方的に長期休養してしまった柴田に対して山崎が怒るのも当然なのだが、最終的に解散せず『アンタッチャブル』 というコンビ名を残したのは山崎の決断。2人に親しい関係者の話では、山崎にはいずれはコンビとして復活する気持ちはあるという。

山崎がコンビを復活しない理由は何か?

その理由について、事情をよく知るテレビ局関係者の口から思いがけない“裏事情”飛び出した。その“裏事情”とは、コンビ復活を止めているのは、所属事務所の人力舎なのだという。

というのも、柴田が休んでいた1年間、“ザキヤマ”として山崎の人気はピークに成長した。人気、知名度、実力ともに格差が出来てしまい、たとえコンビでのテレビ出演を果たしてもメリットがあまりない。

そのため、テレビ局側から『アンタッチャブルの2人でないとダメ』というオファーがない限り、アンタッチャブルの復活はしない方針のようだ。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
向井理VS香里奈、完成披露試写会で険悪な雰囲気!? ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 11:35| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。