2012年01月26日

伊藤英明、3千万の愛馬購入で判明したセレブ生活

伊藤英明
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

映画『海猿』をはじめ、目下大活躍中の伊藤英明(36)。昨年、3千万円の競走馬を購入したことでセレブ生活を送っていることが判明した。というのも、高額な収入・資産がなければなれない馬主の審査をパスしたからだ。


俳優の伊藤英明が馬主デビューしたのは1月15日。初出走を果たした伊藤の愛馬の名前は『ソードブレイカー』号。ネーミングの由来はおよそ10年前に連載された漫画のタイトル(梅澤春人の作品と思われる)だという。

ソードブレイカーの父は、名馬ディープインパクト。伊藤は3千万円弱で購入したそうで、ディープの子供としては比較的お買い得だったという。


伊藤英明


ただし伊藤が注目されているのは、馬を購入したことではない。というのも、競走馬の個人馬主になるには審査をパスする必要があり、そう簡単なものではないからだそうだ。

その審査とはまず、2年連続で1800万円以上の所得があること。2つめの基準は、資産額が9千万円以上あることだそう。どうやら怪しげなキノコを食べたかどうかは審査基準に含まれないようだが、要は30代半ばにして伊藤英明はそれだけ稼いでいたということになる。

馬主審査をパスするのに半年近くもかかったというが、昨年12月に晴れて個人馬主に登録された伊藤英明。

愛馬・ソードブレイカーが初出場したレースは惜しくも9着だったものの、馬とのセレブな日々にご満悦だったとか…。

(参考元:女性自身)【S】

<関連記事>
"キムタクを映画に出すな" 痛烈に批判された原因は? ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 20:19| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。