2012年01月26日

なぜ!? 歌姫ホイットニー・ヒューストンが破産寸前

ホイットニー 薬物
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

歌手で女優のホイットニー・ヒューストン(48)が、破産寸前の苦境に立たされていることをアメリカの芸能情報サイト「レーダーオンライン」が報じているようだ。いったい何があったのか!?


グラミー賞受賞6回、映画「ボディガード」(1992年)に主演、自ら歌った映画の主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」の大ヒットなど、アメリカを代表する歌姫であり“世界で最も売れている歌手”の一人と言われているホイットニー・ヒューストン。

マライア・キャリーやビヨンセのように、後世にまでその名が語られることになるのは間違いないほどの大物歌手である。

そんな彼女が、破産寸前の苦境に立たされているという。いったいなぜか?

関係者の話では、現在、ホイットニーの財産はすべて消えてしまい、アルバムを出すためのギャラを所属レーベルが前借しているのだが、いつになったらアルバムが出るのか見当もつかないとという。

アメリカの芸能情報サイト「レーダーオンライン」は、ホイットニーは知り合いから100ドル(約7800円)を借りようとしたこともあったという深刻な懐事情を報道。

破産寸前の状況になった原因として、かねてから取り沙汰されている薬物依存症の問題をあげている。

彼女がいつ頃から薬物に手を出したのかわからないが、元夫のボビー・ブラウンと暮らしていた頃は夫婦揃ってマリファナやコカインを使用していたと、テレビのインタビューで自身が告白している。

一時はあまりにひどい依存症で、自分をパンチしたり咬んだりすることもあったようで、副作用で歯が抜け落ち、総入れ歯が必要な状態までなっていたとも言われている。

薬物の影響は、元夫のボビー・ブラウンとの間にできた娘のボビ・クリスティーナにも及んだ。溺愛した娘は、未成年なのに飲酒、喫煙、ドラッグ、違法ライフルの所持など、親の顔に泥を塗ってばかり。

これではいけないと思ったホイットニーは、昨年、薬物依存症治療に踏み切ったのだが、結局、いまだに薬物中毒から抜け出すことは出来なかった…。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
佐々木希がレギュラーを次々降板!? ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 11:33| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。