2012年01月23日

ジョニー・デップ、事実婚関係にあった仏・大物女優と破局

ジョニーデップ
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ役などで知られる俳優のジョニー・デップ(48)が、14年間夫婦同然だったフランス女優と破局していたと米「ピープル」紙などが報じている。


ジョニー・デップと事実婚状態だったフランス人とは、歌手で女優のヴァネッサ・パラディ(39)。

2人は結婚はしていないものの、2児をもうけており14年間も夫婦同然の生活を送っていたのは有名な話。

米「ニューヨークポスト」紙(電子版)によれば、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディは、1年以上レッドカーペットに一緒に姿を現しておらず、すでに別居していて2人の関係は修復できない状態になっているという。

先日(現地時間1月15日)行われた、アカデミー賞の前哨戦とも言われる『ゴールデングローブ賞』の受賞式にもジョニー・デップ1人で出席。

パリで行われたデップの新作「The Rum Diary」のプレミアでもパラディの姿はなかった。この日はパラディもパリにいたものの、デップとは別のホテルに滞在しコンサートに出かけたという。

2人自宅は南仏にあるが、最近は2人ともロサンゼルスに滞在することが多く、別々に住んでおり、亀裂が深まっていることについて、デップの関係者も心配しているようだ。

一部ではデップがパラディと円満に別れるため、弁護士に相談しているともいわれ、2人の破局はほぼ決定的。

デップは、女優のウィノナ・ライダーや、スーパーモデルのケイト・モスなどと浮名を流したモテ男だが、1998年にヴァネッサ・パラディと付き合い始めてからは、彼女一筋だった。

(参考元:東スポ)【S】

<関連記事>
浜崎あゆみ、離婚後初 Twitter更新 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 14:36| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。