2011年12月21日

どうしちゃったの!? 今井メロ「赤ちゃんに会いに来ない」と病院関係者が困惑

今井メロ
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

スノーボードで五輪にも出場し、現役引退後も何かと話題になることの多い今井メロ(24)。先日、難産の末・長女を出産した喜びをブログで報告したのだが、病院関係者は子供に会いに来ない状況に困惑しているという。


彼女が長女・真里愛(まりあ)ちゃんを出産したのは11月9日。本来の予定日よりも3カ月も早く、生まれた女の子は1000gにも満たなかったという(平均は3000g前後)。

というのも、彼女のお腹の中には2つの命が宿っていたのだが、20週目になって1人が上半身がない『無心体』という異常妊娠だったことが発覚。切迫流産になっていることを告げられた彼女は、予定日より3カ月早く緊急帝王切開にのぞみ、難産の末に真里愛ちゃんを出産したのだ。

ブログでは、真里愛ちゃん誕生について喜びのコメントを報告していたのだが、『女性自身』が病院関係者の証言をもとにしたという記事で、「彼女が退院後、娘に会いに来ず病院側が困惑している」ということを報じている。

その証言によれば、「彼女が退院後、1カ月の間、(都内にある)この病院を訪れたのはわずか5回ぐらい。12月7日以来、9日が経つのに一度も来ていません。本人の精神的ショックもあるので、治療に非協力的とは言い切れませんが、とても心配しています。こちらが母乳がなくなったと催促しない限り、彼女が病院にやってくることはないですね」と紹介している。

『女性自身』の取材に対し、今井メロ本人は「長男が風邪をひき、それが娘に感染してもいけないので控えていました。それにお恥ずかしい話ですが、経済的にも苦しいんです。病院は遠くて電車賃もかかります。今は1週間に1回だけ、家族3人でいくことにしています」とコメントしたという。

この記事に対し、今井メロ本人が「事実と違う!」と、ブログで猛烈に批判をしているのだ。

コメントによれば、「表紙にも記載されていて、書いてることもおかしい事だらけ…。病院側も記事について、事実とは違っている記載に対して、女性●身に激怒していた。そして、事実確認をとるようだ。会議もひらくそうだ…。私も怒ってます!誤解うむような書き方!!」と、いかにもヒドイ母親であるかのような書かれ方にかなり怒っているようだ。

彼女のブログのコメントを見ると、『女性自身』側の見解とはかなり相違があるように感じられるものの、いったいどちらが本当なのか?

記事では、自身の近況について「今はブログでやっているだけですが、ちゃんと事務所に入って芸能活動を再開したいし、今後は本も出していきたい。私の異常妊娠のことや出産のことを、そこで見た母親としての気持ちを多くの女性に伝えたい。苦しんでいる女性を勇気づけられたらと思います」と語っている彼女。

娘に会いに行かなかったのではなく、行けなかったのではないかと思える気もするが、いずれにしても、赤ちゃんの健やかな成長を願うばかりだ。

(参考元:女性自身)【S】

<関連記事>
加護亜依“できちゃった婚”お相手はアノ人 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 11:14| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。