2011年12月20日

どういうこと!? 高島礼子がエイベックスに移籍のなぜ?

高島礼子
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

12月1日付けで、太田プロからエイベックス・マネジメントへの移籍を発表したアラフィフの高島礼子(47)。デビューから24年間在籍した太田プロを突然辞めたのはいったいなぜか?



1988年の「暴れん坊将軍」(テレビ朝日)出演以来、24年もの間お世話になった太田プロから、12月1日付けでエイベックス・マネジメントへ移籍した女優の高島礼子。

日刊ゲンダイの記事によれば、芸歴20年以上のベテラン女優が突然事務所を移籍したのは、決して女優としての人気が落ちたからではないという。

事実、高島礼子は途切れることなくドラマに出演しており、今年だけでも主演した「黄昏流星群」(フジ)、「桜からの手紙〜AKB48それぞれの卒業物語〜」(日テレ)、「卒業ホームラン」(テレ東)、「ラストマネー〜愛の値段〜」(NHK)、「使命と魂のリミット」(NHK)、韓流の「のり子、ソウルへ行く!」(韓国KBS)など、10本近いドラマに出演している。

そんな高島が太田プロからの移籍を決意した理由は何か?

その理由とは、それまで高島が独占してきた和服系熟女市場の争いが激化してきたからだという。

たとえば、最近は吉瀬美智子や木村多江、まだ若いが麻生久美子や小西真奈美といった3〜40代で和服が似合う女優が増えてきており、アラフィフの高島の足元が揺らぎ始めているそう。

日本酒のCMなどもなくなり、主戦場の時代劇の仕事まで激減し、新たな売り方を見つけるために、勢いのあるエイベックスに移ったことが大きな理由のようだ。

現在の太田プロは、有吉や土田などの中堅お笑い芸人や、前田敦子や大島優子らAKB48のメンバーを抱え急成長しているため、高島自身、自分のキャラクターとの空気の違いを感じていたのかもしれないが、いずれにしろ高島にとって大きな決断だったことは間違いない。

今後は、エイベックスが得意とするケータイやスマホ向けのBeeTVなど、違った主戦場での活躍が増えるとみられる。

(参考元:日刊ゲンダイ)【S】

<関連記事>
ISSAがモデルの福本幸子と婚約!! ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 16:29| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。