2011年10月24日

最高に“間の悪い”芸能人って誰?

芸能人
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

俳優、タレント、アイドル、お笑い芸人…。などなど、芸能界には「なんでそのタイミングで!?」と思えるほど、“これ以上ない”タイミングでトラブルが発覚する人が大勢いる。

“間の悪い芸能人”、有名なところでは、2003年11月に、当時の社会保険庁の国民年金保険料収納率アップを目指すキャンペーンのイメージキャラクターとして起用された江角マキコ。

「年金を払いましょう!」とPRしている張本人が、なんと17年間にも渡り保険料を納めていなかったことが明らかとなり、何とも恥ずかしいことに。

つい先日は、元Jリーガーで現在TVやラジオに出演するスポーツジャーナリストの中西哲生(42)。

車雑誌『エンジン』(新潮社)の最新号の表紙に抜擢され、ツイッターで「あこがれの雑誌の表紙に起用してもらってうれしい」とツイートしたのだが、その直後に東京都目黒区内で乗用車を運転中に追突事故を起こすという失態。

追突されたタクシーの運転手は首に軽いケガを負ったものの、大事には至らず。「僕の不注意で迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ありません。より丁寧な運転を心がけます」と、前言を台無しにするハメとなった。

さらに、ニュースなどでも多数報じられたのが、後輪ブレーキの無い自転車(ピストバイク)を運転していたとことで、道交法違反(整備不良)容疑で摘発された、お笑い芸人「チュートリアル」の福田充徳(36)。

事件が公になったのが9月28日頃。そして運悪く翌日が“チュートリアル”の冠特番の放送日という“最高”の間の悪さ。

所属事務所の吉本興業は、福田の件に関して相当カンカンのようで、本人はこっぴどくお灸をすえられたようだ。

ちなみに、島田紳助の引退騒動で注目された「暴力団排除条例」のポスターには有名タレントの起用はナシ。警視庁が“間の悪さ”を事前に警戒したのかも!?

(参考元:週刊実話)【S】

<関連記事>
国仲涼子はドラマ「俺の空」でどこまで過激になる!?


posted by 芸能エンタンテ at 12:30| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。