2011年03月03日

スリムクラブ猛プッシュに秘められた吉本の思惑とは!?

スリムクラブ
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking

最後の『M-1グランプリ』で、悲願の優勝を遂げた笑い飯以上に注目を集めた「スリムクラブ」。今年に入り一躍人気芸人の仲間入りを果たした彼らだが、吉本興業が彼らをプッシュするのには、ある理由があるという。


実は、吉本興業にとって最も鬼門と呼ばれているのが沖縄だ。というのも、ゆったりとした時間が流れる沖縄では、“笑いの間”も独特の文化を持っているといわれ、これまで吉本がどんなに一流の芸人を送り込んでもまったく受けいれられず惨敗の歴史を繰り返してきた。

そんな吉本が近年、鬼門となっていた沖縄に侵攻しようと躍起なっているようだ。ガレッジセールという人気芸人を輩出し、「よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ」も創設、地元の経済界にパイプを作るために「沖縄国際映画祭」も立ち上げている。

多額の資金も投入しており、沖縄事業への吉本の本気度もうかがい知れるのだが、なかなか地元経済界にくらいついていけないのが現状のようだ。

そこで目を付けたのが、M−1で大活躍したスリムクラブだ。2人とも沖縄出身者で、ボケ担当の真栄田賢は、一族が数々の企業を経営しており沖縄経済界にも強い発言力があるという。

社をあげて彼らをスターダムにのし上げることで、地元沖縄県民の感情を取り込もうという腹積もりなのだろう。

しかしながら、実際には関西文化を受け入れさせることができておらず、吉本はかなり苦戦しているというのが現状のようだ。

会社の方針とはいえ、10年目にしてようやく栄冠をつかんだ笑い飯にとっては少しばかり可哀そうな状況だ。

(参考元:スポーツ報知)【S】

被害女性急増!! 芸人たちの夜遊びの実態 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 11:30| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。