2009年10月16日

干された芸能人たち

爆笑問題?
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking
 実力や人気とは関係なく、芸能界という場所は干されてしまうとどうしようもならない場所だ。とにかく、とことん仕事が入ってこなくなる。今回は、干された経験のある芸能人たちをピックアップしてみた。
 いまやそんなことがあったことをさっぱり感じさせないが、じつは爆笑問題のふたりも干されたことがある。その理由と言われていたのが、ダウンタウンの松本人志を激怒させたことだ。
「松本のアディダスのジャージを、太田光がばかにした。それに怒った松本が、太田を楽屋に呼びつけ謝らせたんです。それがきっかけで爆笑問題は一時、芸能界から干されたと言われていますが、真相は違います」とバラエティ番組プロデューサー。
 って、干された理由はソレではないのか……。ではいったい、なぜ爆笑問題は干されていたのだろうか?
「爆笑が芸能界を干されたのは、所属の『太田プロ』から独立したから。当時の太田プロは『東京の吉本興業』と言われるほど力がありましたからね」と前出のプロデューサー。なるほど、独立が問題だったのか。しかも爆笑問題というよりは、爆笑をはじめとした数組のタレントを独立させようとした元マネージャーに対する圧力だったようだ。
 数年後、その元マネージャーとの関係が切れた爆笑問題は、太田の妻が新事務所を設立。事務所がテレビ局にふたりを「安売り」することにより、お笑いの頂点へと登りつめることに成功した。干された経験が、ふたりを大きくしたのかもしれない。
 松本伊代の夫であるヒロミは、ある迂闊なひと言により芸能界を干されてしまう。「ねつ造問題で打ち切られた番組のプロデューサーと飲んだとき、メイン司会の堺正章のことを『最近、面白くないね』と言ったのが本人の耳に入り、降板させられたんです。ほかの仕事も激減しました」とテレビ関係者。
 一時期は窮地に陥ったヒロミだが、現在は加圧トレーニングのジムの経営がうまくいき、芸能界の仕事がなくてもまったく困っていない。いまではその年収は3億円ともいわれ、タレント時代よりも稼いでいるのではないかと言われている。
 ジャニーズ事務所を辞めた元光GENJIの諸星和巳も、ジャニーズの圧力で芸能界から干されてしまっていた。「でも諸星は、芸能界の縮図を理解したのか、芸能界の実力者といわれる大手プロオーナーのところに逃げ込んだため、業界から抹殺されることなく生き残ったんです」と関係者。
 さらには諸星はビートたけしの懐にも飛び込んだのだという。「諸星のほうから接近していきましたよ。来る者は拒まずですから、たけしは彼をかわいがっていました。おかげで仕事にあぶれることなく、諸星は舞台俳優としても頑張ってます」とお笑い関係者。
 以上の3組は、一度は干されたものの見事な復帰を遂げている。しかし干されたまま二度と日の目を見ることなく、そのまま消えていったタレントも多いのが芸能界。不自然にフェードアウトした芸能人は、実際には干されてしまっていたというケースも少なくない。
 いざ干されたときに、いかにその状況から逃れる術を知っているかで、かなりその後の芸能活動に影響してしまうようだ。それにしても、やはり芸能界は怖いところだこと……。(参考元:東京スポーツ)【Y】

干された芸能人一覧 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 15:43| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。