2009年10月06日

島田紳助がマジギレ!! 生放送中に「潰すぞ!」

島田紳助?
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking
 島田紳助が自らが司会を務めたTBS『オールスター感謝祭09』の生本番中に、マジギレ騒動を起こした。今年のキングオブコントで優勝したお笑いトリオ・東京03に「お前ら、潰すぞ!」と鬼の形相でスゴんだのだという。いったい、何があったというのだろうか?
「いや〜、本当にすごかったですよ。本番中にもかかわらず、紳助さんは東京03に向かって『なんなんだ、お前ら! やられたいんか!』とか『お前ら、あとで潰すからな!』などと物騒なことを叫んでいました。一度下に戻ろうとしたのに、またひな壇を上がって行くしつこさで、スタッフが必死に止めていました」と関係者は証言する。
 事件は、スタジオでシルク・ドゥ・ソレイユが実演している最中に起きた。ひな壇部分が暗転するなか、紳助が東京03のほうにヅカヅカと詰め寄ったのだ。薄暗くなった画面とはいえ、烈火の如く怒る紳助の様子は生放送中にしっかりと流れてしまった。
「東京03のメンバーの胸ぐらをつかんだり、髪の毛を引っ張ったり、顔面にアイアンクローを決めたり……。そりゃあもうハンパじゃありませんでしたよ」と別の関係者。
 近くにいたTKOも紳助から「あん? お前ら何見てんだよ!」と怒鳴られるなど、とばっちりを食らってしまったようだ。その後東京03の3人は、顔面蒼白となり収録中はずっとうなだれたままだったのだという。
 いったい、紳助の怒りの原因はどこにあったのだろう。「まずは番組前に紳助さんにちゃんとしたあいさつがなかった。台本では紳助さんと絡むことになっていたそうですが、そこでもヤル気が感じられなかった。紳助さんにしてみれば『若手のくせにナメとるのか!』ということでしょう」と芸能プロ幹部は語る。
 紳助は同じ理由で昨年、吉本工業所属の若手芸人数人を収録後に呼び出し、きついお灸を据えたのだという。それにしても、まさか本番中にブチギレてしまうとは……。
「結局そのあと打ち上げに遅れてやって来た東京03が泣きそうな表情で紳助さんに非礼を詫び、深々と頭を下げたそうです。紳助さんも少しは落ち着いたのか、ひと通りの礼儀作法を教え、その場は一件落着ということになったようです」と冒頭の関係者。
 紳助は瞬間湯沸かし器ぶりは有名で、2001年には当時若手芸人だった麒麟の田村裕を収録中にボコボコにする騒ぎを起こしたこともある。「おもろない芸人は誰?」という企画で田村が紳助の名前を挙げたことに激怒したからだ。
 そのとき紳助は、田村の髪の毛をつかみ殴る蹴るの暴行。田村は前歯1本とアバラを折り、担当ディレクターとともに番組を降板した。しかもそこまでしておいて、紳助へのおとがめは一切なしだったのだという。
 どうやら紳助は芸能界においては、絶対に逆らえない存在のようだ。こんなことがまかりとおるようでは、ヤクザな世界と思われてしまってもしょうがないだろう。(参考元:東京スポーツ)【Y】

「帝王」島田紳助の正体 ⇒ 芸能ランキング


posted by 芸能エンタンテ at 15:33| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。