2009年08月20日

押尾学は大物の身代わりだった!?

押尾学?
もっと鮮明な画像は ⇒ blogranking
 ほとんど情報が公開されないため、釈然としないことの多い押尾学絡みの事件。しかし、もし押尾自身ももこの事件の被害者だったとしたら……!? そう考えるだけで、一連の不自然な点も納得のできる説明がつくのだ。
 逮捕されたとき押尾は「ハメられた……」と、こう漏らしたのだという。ハメられたとは、いったいどういうことなのだろうか? 事件に関する情報を、捜査を仕切る麻布署が徹底的に隠し通していることと関係はあるのだろうか?
 銀座ホステスのTさんが全裸で死亡しているのが発見された六本木ヒルズでは、マンション上層階で芸能人「注射器シャブ乱交パーティー」が夜ごと行われていたのだという。関係者によると、「そのパーティーでは参加者がオーバードーズ(薬物過剰摂取)で死ぬなんてことがこれまでしょっちゅうだったそうですよ」というのだ。
「粉モノ」はついつい吸いすぎてしまって、致死量を超えてしまうことがあるのだという。MDMAでラリっている最中なら、なおさらのことだ。「ケタミンの吸いすぎで倒れてそのまま死んじゃった子の話はたまに聞きます」と、クラブ好きの会社員。
 問題のヒルズ乱パでも、「死人が出るたびにうまくもみ消していた。でも、今回ばかりはそれができなかった」と業界関係者は語る。
 亡くなったTさんは上層階のパーティールームで亡くなったのだが部屋に運ばれたとか、じつはもうひとり大企業幹部の令嬢が亡くなっていて、そんな場所に出入りしていたことがバレると世間的にヤバいから、隠蔽されているとか……。そういった噂も絶えない。
 そして、押尾は身代わりとして使われたという説も浮上している。「押尾に近い筋から聞いたところでは、じつは押尾はなにもやっておらず、いきなり部屋に呼ばれたら、クスリでおかしくなっているT子さんがいた。つまり、彼女と一緒だったのは名前が世間に知れたらまずい別の人物。だから、Tさんとは知らない仲じゃない押尾が身代わりになり、MDMAなどを飲まされ『警察に行ってこい』となったというんです。確かに押尾はヒルズ人脈のなかでパシリ的存在だったけど……」と、前出の業界関係者。
 ヒルズの乱交パーティーにはテレビで見るような有名人だけではなく、大物政治家の息子、財政界人が出入りしているのだという。さらには、事件当日防犯カメラに超有名アスリートの姿が映っていたとの情報も……。
 それだけのVIPが出入りしていたのなら、押尾は誰の身代わりになっていてもおかしくない。しかもこれだけ捜査情報が隠されているとなると、かなりの大物だった可能性が高い。そして、じつはそのことを警察が完全に把握してる可能性だって……。
 はたして事件は、このまますっきりとしないまま押尾ひとりが悪者になって終わるのだろうか? はたまた暴かれてはいけない闇が暴かれてしまうのか……。(参考元:東京スポーツ)【Y】

ヒルズ乱交パーティーの詳細 ⇒ 芸能ランキング
ラベル:押尾学
posted by 芸能エンタンテ at 13:00| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最新裏芸能情報
おすすめサイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。